仮想化基盤では旧OSやハードウエアから新しい環境へ移行する際に利用されるケースが多いのですが、サポートされるハードウエアは万能ではないことを理解しておく必要があります。


仮想化基盤には主に2つの方式があり、1つは仮想化基盤自体を賄うOS、もうひとつはベースとなるOSの上に構築される仮想化基盤です。
どちらもパフォーマンスが良くシステムごとに選択されています。



仮想化基盤を選ぶことはとても重要であり、特にサポートコストの面で全く異なることが多いです。

OSごと仮想化する場合にはハードウエアが対応していれば比較的移行はしやすいです。元のOSから取り出すツールも用意されていることが多く、稼働の際に重要なドライバの問題も比較的少ない場合が多いようです。

しかし、汎用機については移行したとしてもハードウエアで実現されていた環境は実現されていないケースも多いので注意が必要です。

All Aboutの情報を掲載しませんか。

ハードウエアで実現されていた部分はソフトウエアで実現されているケースが多くなっています。



ベースとなるOSの上に仮想化する場合も同様ですが、こちらの場合は、ベースとなるOSのサポートが重要となります。特にメモリ関連はクライアントとなるOS側への影響が大きいこともあり、稼働させる際には余裕をもった運用が重要です。ただし、導入のコストがかなり抑えられ、また、既存のOSへも導入することができるので移行コストが低いのが特徴ですが、動作については多少オーバーヘッドがあるので注意が必要です。

Copyright (C) 2015 仮想化基盤で重要なこと All Rights Reserved.